HGUC アッガイ 制作 その15

「HGUC アッガイ」の制作、塗装が剥げた箇所のリカバリの続きです、。

前回ヤスって均したところに再度吹いていくのですが、胴体のヒビ割れがどうも気になる、、。

とにかくヤスって均せるだけならして吹いていくことに。

他のパーツと色味を揃えるため、再度クリアの吹くのですが前回の塗料は使い切ってしまったので、今回はExクリアを使用しました。

今回も最初は砂吹きで軽く吹くのを繰り返してから重ねていきました。

よく考えたら、これってデカールの段差を埋めるときのやり方だ、、。
ということで、何度か吹いた後に研ぎ出しクロスでまだ残っているヒビ割れの後を均しつつ、またクリアを重ねていきました。

それでは、復活の呪文、、。

 

じゃ~ん。ふっか~つ。

HGUC アッガイ 制作中!

完全に段差が消えたわけではありませんが、ここまで消えればいいでしょう。
コンパウンドをかけたらさらに光沢がでそうですが、今回はグロス塗装をしているわけではないので、研ぎ出しクロスで均しただけです。

これで次に進めます。(´▽`) ホッ

あと、写真後方にコレクションのストライクとザクファントムが立っていますが、これらは実験するためにExフラットクリアーを吹いておきました。

とりあえずこんなところで。

それでは寝ます。
||寝室||Ю o(▽` o) =3 =3 =3 オヤスミー♪

HGUC アッガイ HGUC アッガイ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

【追記】
toropenさんの百式がロールアウト!
写真は一枚だけですが、溜息が出るほど美しいグロス仕上げです。
正式公開はまだ先とのことですが百式好きなものでつい、、。

コメント

  1. いの より:

    こんばんは、ととさん。

    リカバリーお疲れ様でしたm(_ _)m
    成功したようですね^^
    続きも頑張ってください。

    つや消し後に実験って事は、ウェザリングですか?

  2. とと。 より:

    なんとか復活です。

    >つや消し後に実験
    もう記事あげちゃいましたけど、まぁそんなところで。
    ベタ塗りでデカールも少なめだとちょっと物足りなさが、、。

    実験がうまくいったらやってみます。

タイトルとURLをコピーしました