HGUC アッガイ 制作 その14

「HGUC アッガイ」の制作、ちょっと足踏みしてます、、。

前回の仮組みの時に股関節部分が非常に固くなっているのと、パーツが擦れてしまい塗装が剥げてしまったので修正を試みています。

今回の成果。ρ(・д・*)コレ 

HGUC アッガイ 制作中!

胴体側は股関節の軸をサーフェスナイフでカンナがけして塗料を削り落としヤスりました。
これで取り付けや可動させたときのイヤな音は解消しました。
その開口部ですが上半分が腿側のベージュのパーツと擦れるため、これまたサーフェスナイフでカンナがけして拡げました。(写真はわかりづらいデスネ、、。)

そして新たな問題が、、、
作業中に気がついたのですが、胴体の塗装面のあちこちにヒビ割れが、、。(つД`)
やはりクリアが侵してしまったのかな、、。
他にも剥げたところ等があったので、#1500相当のスポンジヤスリで均しました。
結局胴体はほぼ塗りなおしかな、、。(;´д`)トホホ

腿のカバーのパーツは重ね吹きして塗膜が厚くなった分擦れてしまったのかな、というカンジでした。
ゴテゴテになった塗料や付着したレッドブラウンをヤスって剥がしましたが、これもまぁやり直しですね。 

胸部のベージュのパーツは問題発生ではなくて、この後デカールを貼るつもりなので砂吹き状態の面を均しておきました。

ここまで済ませたところでパーツ洗浄して終了です。

 

話は全然変わりますが、、、
本日ようやくゲットしました。 

モデグラ6月号(やっと)購入!

モデグラ6月号、、。
この号は書店で結局一度もお目にかかれず、でもあちこちでMGザク2.0の作例のことを取り上げているのを見て読みたかったのです。
軽く眺めましたがなかなか読み応えがあります。

尼損でゲットしたのですが、これだけだと送料がかかってしまうので、、、

ディザード、バルブド購入!

以前、買い損ねたディザードとバルブドを合わせてゲットしました♪
いつ作れるんだろう、エルガイムのキットたち、、。

でわ。(・∀・)ノシ

HGUC アッガイ HGUC アッガイ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Model Graphix (モデルグラフィックス) 2007年 06月号 [雑誌] Model Graphix (モデルグラフィックス) 2007年 06月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

重戦機エルガイム 1/144 ディザード 重戦機エルガイム 1/144 ディザード


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

重戦機エルガイム 1/144 バルブド 重戦機エルガイム 1/144 バルブド


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント

  1. いの より:

    こんばんは、ととさん。

    結構辛い足踏みですね(T-T)
    これは手を動かし続けたほうがいいでしょうね。
    水性はエナメルよりも弱いから、侵しやすいんでしょうね。
    リカバリー頑張ってください!

  2. doya より:

    とと。さん、こんばんは。
    この段階からの修正は辛いですね。
    水性カラーは使ったことが無いのですが塗膜が弱いみたいですね。
    ここから大変ですが、頑張ってください。

    それは、そうとエルガイムキットまた増えてるし(笑)
    モデグラは自分もザクと合わせて買いました。
    これを読むだけで、お腹一杯になったり・・・^^;

  3. クマっち より:

    こんばんは。
    アッガイさんが大変な?状態になっているようで…(・・;)
    やっぱり水性塗料は要注意なのでしょうか?ブラシでラッカー系のクリアーを上塗りすると、溶剤が多くなる分、思った以上に影響があるのかもしれませんね。
    なんとかリカバリー頑張ってください!

  4. とと。 より:

    皆様、励ましのお言葉ありがとうございます。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

    ◆いのさん
    塗料がのって固くなっているのを押し込んだら、ガリッと、、。
    手足の装甲はキレイに塗れたたですけどねぇ~

    ◆dayaさん
    修正はイタイですが、なんとかなりました。

    >エルガイムキット
    ディザードとバルブド、、。
    それぞれHGHMエルガイムとアトールを芯にしたら、、、
    イカンイカン、、。(核爆

    ◆クマっちさん
    やはり仮組みやサフのときにこすれる場所をちゃんとチェックしておくべきという良い教訓になりました、、。(^▽^;)

タイトルとURLをコピーしました