自作塗装ブース五代目を改良して、作業スペースを改善しました。

昨年、自作した塗装ブースですが、

性能は満足なんですが、如何せん大きいw
ボクの作業部屋は納戸なので、そもそも狭い場所なんですが。

以前塗装ブースを製作中の時に撮った写真。

この後に右側のメタルラックの棚を調整して、ブースをスライドして寄せられるようにしたものの、A3サイズのカッターマット+αくらいのスペースで、SDやLBXくらいのキットならば問題ないのですが、ちょっとランナーの数が多かったり、サイズの大きいキットの作業はやっぱりやりにくい、、、

ですので一念発起して、塗装ブースの換気扇の位置を左寄せから右寄せに取り付け直し、窓に取り付けたダクトや、左側の棚に収めてあった道具類を、このブースを作る前の配置に戻しました。
机の上のスペースはそんなに変わらないものの、右側のメタルラックの下側までフラットなので作業スペースを広げることが出来ました。

そもそも最初はこのようにするつもりだったのですが、左側のショーケースの扉が片側開かなくなるので止めたのでした。
でも、ブースをずらせば開けられますし、そもそもここの作品を入れ替えするなんて年に数回のことなので(核爆)w、最初からこうすべきでした。

一応、ブースの方は前と同じように吸い込んでくれるのですが、写真のようにダクトをキツく曲げた位置動かすと、心なしか吸い込みが弱くなった気がしました。実際に使用するときは、ダクトが真っすぐになる位置までブースを動かした方が良さそうです。それは直す前と同じ使い方ですね。

あと、写真には写っていませんが、右側にPCがあるので、PCの画面に何かを出しながら作業するのがやりやすくなりました。

そうそう、納戸の中でこういうことをしていると、もうこれ捨ててよいんじゃないかと思うものが、模型のものもそれ以外のものもあれこれ出てくるので、断捨離しなきゃですね。使わないものを捨てたらもっと快適な作業スペースになるんじゃないかって思っちゃいました。

まぁ何にせよ、せっかく環境が整ったので、もっと摸活をしなければ、ですねwww

でわ。(・∀・)ノシ

コメント

モバイルバージョンを終了
タイトルとURLをコピーしました