たまごひこーき F-2A-ANM バイパーゼロ 製作 その7 キットデカール貼り

「たまごひこーき バイパーゼロ」の製作、次はキットのデカールを貼ります。

の前に、スミ入れをしておきます。
クリヤーレッドとクリヤーブルーを混ぜて、クリヤーパープルを作ったのですが、グリペンの時にクリヤーレッドでスミ入れしたところが黒にしか見えない状態になったので、クリヤーを混ぜて色を薄くしてみました。

で、スミ入れした箇所の写真を撮り忘れたのですが、今回は違和感ないかな、と思います。
これ以降の写真で写っているのがそれです。

続いてキット付属のデカール貼り。
白いラインは今回デカールを貼ることにしましたが、それ以外のコーション等も使えそうなものは貼ってしまいました。

たまごひこーきの左右対称に貼るデカールは位置合わせが苦手で、以前に作ったサンダーボルトは下手くそでしたし、イーグルの時もエアインテーク上部のデカールを貼ったのですが失敗してしまい結局無かったことにしてしまいました、、、(;^_^A

今回は写真に写っていませんが、一箇所デカールを破ってしまったものの、白いラインが繋がるように貼れましたし、その他のコーションも左右で大体合わせて貼ることが出来ました。\(^o^)/

この後にこれまでは蛍光カラーを吹いていましたが、パープルは無いので、蛍光クリアーにクリアパープルを混ぜて、蛍光パープルを作りました。ファントムの時に、蛍光カラーを吹いたらかなり色が変わってしまったので、パープルを少なめに入れて大きく色調が変わらないようにするつもりです。

この蛍光パープルを使って、一通り吹き終わったのがこの状態です。

サンプルのスプーンの通り、今回は薄っすら紫色が増す感じです。
パープル薄くし過ぎたのか、なかなか発色しないので三回重ね吹きました。蛍光クリアーは変色してしまうので保管して後から再利用することは考えず、量を少なめに調色したのですが全部使い切りました。デカールの白が薄っすら紫がかるのを狙ったのですが、あまり発色していない感じです。
でもまぁ、このくらいにしてクリアーの重ね吹き→研ぎ出しの工程に進みたいと思います。

でわ。(・∀・)ノシ

ハセガワ(Hasegawa)
¥880(2022/06/13 10:09時点)
組み立て、塗装が必要なプラモデル。別途、工具、塗料等が必要。

ハセガワ(Hasegawa)
¥1,169(2022/06/13 10:19時点)
組み立て、塗装が必要なプラモデル。別途、工具、塗料等が必要。


ハセガワ(Hasegawa)
¥737(2022/06/13 10:28時点)
組み立て、塗装が必要なプラモデル。別途、工具、塗料等が必要。

コメント

モバイルバージョンを終了
タイトルとURLをコピーしました